読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトのからだの中を「見る」

■からだの中を見ることの飽くなき探求心 かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチや、江戸時代に初めて 西洋(オランダ)の解剖書を翻訳、「解体新書」を発刊した 杉田玄白は、ご遺体の観察を積極的に繰り返したといいます。 ヒトのからだの中を見たい、物事の真…

脳科学から考える生活習慣の見直し方

□生活習慣を見直し、日々運動することは容易ではない いつまでも元気で健康にいる為には、生活習慣を見直し日々運動 することが大切であることは異論のないことと思います。 しかし「言うは易し、行うは難し」で、現実的には、生活習慣を 見直し日々運動する…

積極的休養のススメ

■積極的休養(active rest)とは あまり、聞き慣れない言葉かも知れません。 積極的休養とは、疲労回復を目的とした比較的強度の低い運動1)をいい、スポーツ場面で練習後に行う軽いランニングやストレッチなど、いわゆる「クールダウン」の事をいいます。 …

Sitting is the New Smoking

■座ることとは、タバコを吸うことと同じ? これは、CADソフトウェアメーカーであるオートデスク社の元幹部であり、ビジネスライターのニロファー・マーチャント氏の言葉です。 氏は喫煙にも似た「座りすぎ(Too much sitting)」の危険性を提唱しています。 …

腰が痛い時は冷やす?温める?

■腰が痛い時は、冷やすべきか、温めるべきか? 腰が痛いときに、患部を冷やした方がいいのか、温めた方がいいのか、対処に悩む方も多いのではないでしょうか。 2012年に発行された「腰痛診療ガイドライン」1)では、急性腰痛に対する温熱療法の効果は「Grade…

腰痛予防にコルセットは有効か?

■コルセットの腰痛予防効果はよくわかっていない 雑誌やテレビで、軟性コルセット(以下、コルセット)はよく紹介されますし、肉体労働をされる方の中には、腰痛を予防する目的で習慣的にコルセットを使用される方も少なくありません。 しかし、実は、コルセ…

腰痛と脊柱の回旋可動性との関係

■脊柱の回旋運動の非対称性が注目されている 「見た目のからだの左右非対称性と腰痛とは、関連性が低い」 からだのゆがみは腰痛とは関連は低いことは前述のブログのとおりです。 加えて、研究が進むにつれ、どうやら、脊柱の回旋運動の非対称性が、腰痛と何…

腰痛予防には股関節の柔軟性が重要

■腰痛に対する体幹トレーニングの注意点 腰痛予防には、腹筋を鍛える体幹トレーニングを! 腰痛を予防する為、体幹筋の筋力を強化しようと考える人は多いと思います。 確かに、体幹筋の筋力を高めることは腰痛予防において重要です。 しかし、併せて腰部の組…

骨盤のゆがみの正しい解釈

■骨盤は、はたしてゆがむのか? 「骨盤のゆがみ」 雑誌やテレビでよく見る言葉です。 骨盤がゆがむとからだには、肩こり腰痛のみならず冷え性やむくみ、食欲不振やうつなど様々な症状が現れる、なんて紹介しているものもあります。 しかしながら、この言葉に…

足組み姿勢は、からだに悪い姿勢とはいえない

■足を組むのは、からだに悪いことなのか? 「からだにゆがみを作るから、できる限り足は組まない方が良い」 足を組んだ姿勢も、猫背姿勢と同様に、健康に悪いというのが常識です。 結論から言うと、足組み姿勢は一概にからだに悪いとは言えません。 むしろ、…

猫背姿勢は、からだに悪い姿勢とは言えない

■猫背姿勢は、からだにとって悪いのか? 「猫背姿勢は、からだに悪い」 猫背は健康に悪い為、まっすぐな姿勢に矯正されるべきというのが常識です。 はたして、この考え方は正しいのでしょうか? 2015年、Pooriput氏ら※)が興味深い論文を発表しました。 Poor…

からだのゆがみが健康に良くない本当の理由

■からだのゆがみは、本当に不健康の原因なのか? 「からだのゆがみを整え、健康なからだを取り戻しましょう」 多くの雑誌やテレビで、からだのゆがみは不健康の原因と紹介されます。 はたして、からだのゆがみは、不健康の原因でしょうか? からだのゆがみと…

からだのゆがみは、自然現象である

■からだにゆがみがない人は存在するのか? 多くの雑誌やテレビで 「からだがゆがむと不健康になる」 「からだのゆがみを矯正しなければ、健康になれない」 という話が紹介されます。 しかし、そもそも、「からだにゆがみがない人」は存在するのでしょうか? …